• STAR-CCM+ v11.04, now part of the Siemens Simcenter™ Portfolio, is aimed at empowering engineers across industries to make critical design decisions quickly and with confidence through new modeling capabilities,...

    ブログエントリー

    STAR-CCM+ is now part of the new Simcenter™ Porfolio for predictive engineering analytics. Simcenter combines simulation and...

  • The new automatic time stepping in STAR-CCM+® v11.04 automatically adjusts the timestep size of simulations dynamically. This helps to reduce time to achieve solutions for transient runs by avoiding the use of unduly small timesteps.

    ブログエントリー

    In STAR-CCM+® v11.04, the highly regarded (extended) pom-pom adds to our list of viscoelastic constitutive models. Best suited for highly branched polymers like low density polyethylene (LDPE), it is able to most accurately predict viscoelastic responses for elongational flows commonly encountered in industrial processing.

  • Admixtus, a virtual product development (VPD) tool for performing mixing simulations, will drop the barrier for engineers active in the field looking to solve problems and optimize processes. They can introduce simulation with the help of...

    ブログエントリー

    It starts with an idea. Morphs into an obsession. Then comes the sweat. Practice. Tears. You hear the doubters. It’s an...

Matthew Godo

In STAR-CCM+® v11.04, the highly regarded (extended) pom-pom adds to our list of viscoelastic constitutive models. Best suited for highly branched polymers like low density polyethylene (LDPE), it is able to most accurately predict viscoelastic responses for elongational flows commonly...

  • Kristian Debus
    Fluid-Structure Interaction (FSI) is the study of thermo-mechanical interactions of a fluid and a solid structure. FSI mo...
  • Durrell Rittenberg
    At this year's AIAA SCITECH annual conference, I sat down with the editors of Aerospace America to talk about the future of...
  • Gaetan Damblanc
    The demand for safe and efficient Li-ion batteries has never been as high as it is today. By coupling Battery Design Stud...
CFDとは?
数値流体力学(Computational Fluid Dynamics、CFD)は内部流れ(例:エンジンマニホ ールド内の空気とガソリンの流れなど)や外部流れ(例:自動車における空気力学流 れやボートにおける水力学流れなど)双方で流体の流れが顕在化した際に、設計の パフォーマンス予測を可能とする手法です。CFDソフトウェアプログラムは気体、液 体、固体、また任意の数の相間の交互作用による多相問題をシミュレーションするこ とができます。 CFDはほぼすべての主要な工業製品の設計に利用されています。設計プロセスにお ける不確実性を低減し、お客様のニーズにより良く答える更なるロバスト性を備え、 より高品質の製品およびデザインを導きます。
流れ以外にも!
多くのエンジニアリング上の実際の課題は、流体力学にある程度関係していますが、現実世界のエンジニアリングにおける難題のソリューションを発見するには様々な物 理現象も正確に考慮に入れなければなりません。そのため、CFDツールは伝熱、化学 反応、燃焼、固体輸送、音響学などの幅広い関連物理を取り扱うことが可能です。 重要な課題の一分野として、例えば航空機翼のたわみ、波に打ち付けられるボート などのような、流体が物理構造に影響するFSI(Fluid Structure Interaction、流体-構造連 成)があります。数値流体力学(Computational Fluid Dynamics、CFD)シミュレーション は構造における流体の影響と流体における構造形状のゆがみの双方を扱うことが できます。
全システムをシミュレーション
複雑な製造業における諸問題は複数の物理現象にまたがるCFDソリューションを必 要とし、それはしばしば複数のエンジニアリング領域に渡るシミュレーション技術 を使用することによってのみ解決することができます。エンジニアは「全体像を見る」 能力を必要とします。部品ごとではなく、全システムを数値流体力学(Computational Fluid Dynamics、CFD)を用いてシミュレーションし、製品の耐用年数におけるパフォーマン スに大きく影響すると思われる全ての要素を考慮に入れます。つまりは、実際に 利用される状況で設計のパフォーマンスをシミュレーションします。
多領域設計探査
ほとんどすべてのエンジニアリング課題にCFDは有効に適用することができます。し かし、実際の価値は、設計プロセスを駆動するためにシミュレーション結果によるエ ンジニアリングデータを使用した複数の設計イタレーションを通して、製品や設計 を改善することができる点にあります。最終的にはこれがお客様の期待を満たすよ り高品質でロバストな製品へと導きます。 CD-adapcoは「MDX (多領域設計探査、Multi-Disciplinary Design Exploration)」と呼 ばれるアプローチを開拓しています。MDXでは、さまざまなジオメトリ構造や異なる 動作点を含んだ、さまざまな操作のシナリオの全範囲を通してシミュレーションを 駆動するために最新式のソフトウェアが使用されます。このアプローチは全設計空間 に渡る製品のパフォーマンスを完全に理解するために使用することができます。 CD-adapcoの最適化ソフトウェアであるHEEDSと併用することで、MDXアプローチは 製品の実際のパフォーマンスを最大化するために設計パラメータの最高の組み合わ せを計算することに使用することができます。
CD-adapco
CD-adapcoはエンジニアリング用C FD に重点を置いたエンジニアリングシミュレーションソフトウ ェア、サポートおよびサービスをご提供する世界最大級の独立系プロバイダーです。当社は 30年以上に渡り、主力産業のエンジニアリングシミュレーションをご提供してまいり ました。当社の活動の範囲は、CFDおよびFEAの双方での広範なCAEエンジニアリン グを網羅するためにソフトウェア開発を越えた領域にまでさらに広がっています。 3,000社に渡る 8,000名ものユーザーの皆様が当社のソフトウェアをご利用いただ き、売り上げ成長率は過去5年以上の統計で前年比15%以上であり、世界各地にあ る30のオフィスでは850名以上の才能ある人材がサポート、ソフトウェア開発、サービ スに携わっています。