CD-adapco Engineering Simulation Software - CAE and CFD Software
  • CD-adapcoで働いていると、もうすぐリリースされるSTAR-CCM+の刺激的な機能を解説したたくさんのクールなアニメーションを見ることができるという良いことが体験できます。新機能がリリースされるまでこれを皆さんと共有することができないのはフラストレーションが溜まります。今日、私自身何度も見返している、お気に入りの2つビデオをご覧頂くことに、私は非常にワクワクしています。
    これらのビデオはSTAR-CCM+...

    シミュレーティング・システムズ2014
    ビデオ

    「問題の一部を解析するのではなく、問題全体を解析せよ。」CD-adapcoは、製品の寿命性能に影響する全ての事象を含めた設計開発段階での諸問題をお客様が解決することをご支援します。

  • In this edition of Dynamics we explore Multi-Disciplinary Design Optimization (or MDX), a methodology that allows engineers to automatically test designs against ALL of the physics that might ultimately influence the products performance during its...

    ハイライトされた
    ブログエントリー

    2013年夏に、Red Cedar TechnologyとCD-adapcoは複合領域プロセス自動化と設計探査を拡大すべく、パートナーシップ結びました。私たちはエンジニアの皆様に、退屈なモデル設定やバリデーションに時間をかけるのではなく...

  • CFDに焦点を当てたコンピュータ支援エンジニアリングソフトウェアの世界最大級の独立系プロバイダーであるCD-adapco™は、SPEED™とSTAR-CCM+®を統合しました。SPEED™は優れた電気機械設計ツールであり、STAR-CCM+®は熱伝導、流体力学、構造応力、電気および磁場、そして空力騒音をモデル化する強力なオールインワンツールであり、それらは多くの電気機械アプリケーションにおいて重要な役割を果たします。

    Press Release

    昨年のカレンダーコンテストではとても多くのご応募をいただきました。100件以上の非常に魅力的でインフォーマティブなシミュレーションポスト処理画像のご応募がありました。

    CAEの歴史にご自身のお名前を刻みましょう。...

  • 触れば分かるHEEDS/Optimate(最適化ツール) 無料体験セミナー[大阪・8月]
  • CFDの高速化セミナー [東京]
  • 構造応力解析/流体構造連成解析(FSI)ワークショップ
  • CFDの高速化セミナー [大阪]
  • CFDの高速化セミナー [名古屋]
Osaka, Japan
8月 1, 2014

本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。

設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。
HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。
HEEDS/
...

Tokyo, Japan
8月 4, 2014

この度、富士通株式会社と株式会社CD-adapcoは、クラウドを活用したCFDや最適設計、およびHPC専用クラウドサービスに関するセミナーを下記日程で開催いたします。
・STAR-CCM+と富士通TCクラウド適用事例/デモをご紹介!
・クラウド導入に敷居の高さを感じている方、大規模・複雑形状の解析に取り組まれている方、必見!

Yokohama, Japan
8月 5, 2014

本ワークショップでは、STAR-CCM+の構造応力ソルバーを使った固体応力解析や、 熱流体解析と構造応力解析を連成させて解析する、流体構造連成解析(FSI)の設定方法をご紹介いたします。 また、AbaqusのCo-Simulation Engine (CSE) APIを利用したAbaqus/STAR-CCM+間の流体構造連成解析もご紹介いたします。

Osaka, Japan
8月 7, 2014

この度、富士通株式会社と株式会社CD-adapcoは、クラウドを活用したCFDや最適設計、およびHPC専用クラウドサービスに関するセミナーを下記日程で開催いたします。
・STAR-CCM+と富士通TCクラウド適用事例/デモをご紹介!
・クラウド導入に敷居の高さを感じている方、大規模・複雑形状の解析に取り組まれている方、必見!

Nagoya, Japan
8月 8, 2014

この度、富士通株式会社と株式会社CD-adapcoは、クラウドを活用したCFDや最適設計、およびHPC専用クラウドサービスに関するセミナーを下記日程で開催いたします。
・STAR-CCM+と富士通TCクラウド適用事例/デモをご紹介!
・クラウド導入に敷居の高さを感じている方、大規模・複雑形状の解析に取り組まれている方、必見!

What is CFD?
------------
Computational Fluid Dynamics is a methodology that allows engineers to predict the performance of their designs when exposed to fluid flow, either internal flow (such as the flow of air and gasoline through an engine manifold) or external flow (such as the aerodynamic flow past an automobile or the hydrodynamic flow past a boat). CFD software programs can simulate problems involving gases, liquids and solids and multi-phase problems that depend on the interaction of any number of the above.

CFD is used in the design of almost every major product. Reducing uncertainty in the design process, and resulting in higher quality products and designs, with greater robustness that better meet customer requirements.

More than just flow!
--------------------
Although most practical engineering problems involve fluid dynamics to some extent, finding the solution to real-world engineering challenges involves taking accurate account of a range of physical phenomena. For this reason CFD tools can account for wide range of associated physics, including heat transfer, chemical reaction, combustion, solid transport and acoustics.

One important class of problems are those that involve FSI or Fluid Structure Interaction, where the fluid flow influences a physical structure - such as the bending of an airplane wing, or of a boat being slammed by waves. Computational Fluid Dynamics simulations can account for both the influence of the fluid on the structure, and of deformations in the structures shape on the fluid.

Simulate the System
--------------------
Complex industrial problems require CFD solutions that span a multitude of physical phenomena, which often can only be solved using simulation techniques that cross several engineering disciplines. Engineers demand the ability to "see the big picture". Simulating whole systems with Computational Fluid Dynamics and not just individual components, taking account of all the factors that are likely to influence to performance of their product in its working life. In short, to simulate the performance of their design in the context that it will actually be used.

Multi-Disciplinary Design Exploration
--------------------------------------
Although CFD is can usefully be applied to almost any engineering problem, it's real value comes from being able to improve a product or design through multiple design iterations, using engineering data from the simulation results to drive the design process. Ultimately this results in higher quality, robust products, that better fulfill customer expectations.

CD-adapco is pioneering an approach called "MDX" or "Multi-Disciplinary Design Exploration", in which sophisticated software is used to drive the simulation through a complete range of operating scenarios, including a range of geometrical configurations and different operating points. This approach can be used to gain a complete understanding of the performance of the product across the whole design space.

When combined with HEEDS, CD-adapco's dedicated optimization software, the MDX approach can be used to calculate the best possible combination of design parameters to maximize the real-life performance of the product.