Blog

私の前回のブログでは、私達の設計探査ツールに関するいくつかの改善についてお話しました。STAR-CCM+ バージョンv9.06では、より簡単に形状を自由造形、ノンパラメトリック、変形を可能としたメッシュモーフィングの使い勝手の向上による、設計探査のもうひとつの面を開発しています。
本年初頭に、モーフィングを使用したジオメトリの輪郭の変更を可能とするメッシュ変形モデルをリリースしました。これは、常に生のCADデータを利用することができない場合や、あるいはソフトウエアが形状を変更する必要がある場合などに、重要な機能です。

Control points illustrate potential improvements

2014年3月に開催されたSTAR Global Conferenceのオープニングセッションにて、CD-adapcoのヨーロッパ営業担当副社長のDidier Halbronnは多領域設計探査(multi-disciplinary design exploration:MDX)における取り組みに関して話しました。このブログでは、別の方法で多領域設計探査にアプローチするSTAR-CCM+ v9.04の2つの新機能にハイライトを当てたいと思います。

CFD optimization CFD

One of the greatest challenges of engineering analysis is the ability to understand how changes in geometry and flow features might influence your system’s performance. For a long time, the only way to gain insight into the sensitivity of engineering objectives to changes in input was to run multiple analyses and then dig through the results. The introduction of the adjoint solver in STAR-CCM+ v8.04, however, changed that - allowing for direct access to sensitivity information from a single simulation.

How do you ensure that methods developed in one part of your organization are deployed by engineers working elsewhere?

Introducing the Simulation Assistant

To answer this question, CD-adapco have developed the Simulation Assistant, an interactive user interface that allows you to capture best practices and deploy them across your whole organization, ensuring repeatability of process and guaranteeing consistency of results.

RSS - Joel Davisonさんのブログ を購読
Brigid Blaschak
Communications Specialist
Dr Mesh
Meshing Guru
Stephen Ferguson
Communications Manager
Sabine Goodwin
Senior Engineer, Technical Marketing
Joel Davison
Product Manager, STAR-CCM+
Matthew Godo
STAR-CCM+ Product Manager
Prashanth Shankara
Technical Marketing Engineer
James Clement
STAR-CCM+ Product Manager