Library | CD-adapco
Library

24 match your search

STAR-CCM+ v9.04 新機能紹介
本ウェビナーでは、2014年6月25日に世界同時リリースされたSTAR-CCM+ v9.04 の新機能情報をご紹介いたします。 ●トリムメッシャー使用時の並列処理速度の向上: 複数コア使用時のトリムメッシュ生成プロセスにおいて、スケーラビリティおよびメモリ使用量が改善されました。一例として、約6000万セルの生成において、STAR-CCM+ v9.02の約3.5倍のスピードアップが確認されました。(128コア使用) ●新機能:Coarse Grain Particleモデル Discrete Element Method(DEM)の計算時に、複数の微粒子をより大きな粒子として表現する事が可能になりました。これにより、非常に多くのDEM粒子を含む計算において、計算時間の大幅な削減が期待されます。 ●その他新機能: Dynamic Fluid Body Interaction(DFBI)の新しいカップリングタイプやAdjoint法の機能改善など、各種新機能情報につきましてもご紹介いたします。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本ワークショップでは、STAR-CCM+のラグランジェ混相流モデルの概要と使用方法をレクチャーとハンズオンを交えて紹介いたします。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
マルチフィジックスの解析を提供するSTAR-CCM+では電磁場解析は強化項目の一つです。 本ワークショップでは、STAR-CCM+で対応可能な電磁場解析の例を交え、ハンズオンセッションとともにその事例と可能性をご紹介致します。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、他のCFDソフトウェアの使用経験はお持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 モデリングから計算実行・結果処理まで、CFDにおける一連の流れをお手元のPCでソフトウェアを操作し、ご体験頂くことが出来ます。 また、講師を担当する弊社エンジニアと直接ディスカッション頂きながら進行します。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、他のCFDソフトウェアの使用経験はお持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 モデリングから計算実行・結果処理まで、CFDにおける一連の流れをお手元のPCでソフトウェアを操作し、ご体験頂くことが出来ます。 また、講師を担当する弊社エンジニアと直接ディスカッション頂きながら進行します。
CD-adapcoでは、2013年に複合領域最適化ツールHEEDS開発元である米国Red Cedar Technology社を買収し、CD-adapcoよりHEEDSの販売・サポートを行う運びとなりました。 日本国内においては、2014年よりCD-adapco主催によるセミナーや展示会等にてHEEDSによる設計最適化ソリューションのご提案を強化しております。HEEDSにご興味をお持ちの方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。 【複合領域最適化ツールHEEDS 製品紹介】 ハイブリッドで自己学習型の設計探査アルゴリズムSHERPA(シェルパ)が、これまでの設計最適化作業の概念を一新し、迅速でかつイノベーティブなデザイン創出を支援します HEEDSは独自に開発した探査アルゴリズムSHERPAを搭載した、複合領域最適化ツールです。SHERPAは複数のアルゴリズムを組み合わせ、自己学習しながら探査を行うため、従来の最適化計算で行う「アルゴリズムの選択」、「探査パラメータの設定」といった専門知識を要する作業が不要です。また、他のアルゴリズムの追従を許さない高速でかつ安定した設計探査を実現しました。 自動化・統合化 :コンピュータシミュレーション( CAE ツール)を使った設計 プロセスを統合・ 自動化します 設計最適化 :最適化の専門知識が全くない方にも高性能な設計探査をお約束します...
CADからメッシュ生成までの工程効率化
流体解析において解析の安定性・解析精度の確保には、高品質なメッシュ生成が必要不可欠です。そのため、CAD・メッシュ作成が最も時間がかかる工程と考えられます。 STAR-CCM+では、主要な3D CADとの連携を強化、また内蔵3D CAD機能を充実させることにより、形状編集を柔軟に行います。また、パーツベースでのメッシング設定(PBM)を行うことにより、CADからメッシュ生成工程の自動化し、ケーススタディの効率化を可能にしています。 本ウェビナーでは、CAD形状からメッシュ生成に至るまでのSTAR-CCM+が持つ機能と事例についてご説明いたします。

ページ