Library

27 match your search

STAR-CCM+ v9.02 新機能紹介
【内容紹介】 本ウェビナーでは、2014年2月26日に世界同時リリース予定の STAR-CCM+ v9.02 の新機能情報を下記の内容にてご紹介いたします。 ●並列計算時のインターフェイス演算速度の向上: これにより、大幅に演算時間が削減します。特にスライディング部のインターフェイスベンチマークで は最大 3~9 倍の速度向上があり、回転機器問題で威力を発揮します。 ●新機能:Dispersed Multiphase モデル ラグランジェ混相とオイラー混相の利点が融合され、雲状あるいは、霧状の希薄相問題への選択肢としてご利用いただけます。 ●その他新機能 Adjoint ソルバーの改善、ポストプロセスにおけるボリュームレンダリング実装など、各種の新機能情報についてもご紹介いたします。
本ワークショップは、STAR-CCM+における乱流モデルについて習得を希望するエン ジニアを対象としています。 講義、ハンズオントレーニングから構成され、 STAR-CCM+で使用可能な渦粘性モデルからラージエディシミュレーション(LES)に至るまでのあらゆる規模の乱流モデルについても触れます。各モ デルの事例や ヒント、注意事項についてもご紹介いたします。ハンズオンでは、実験では得ることのできないSTAR-CCM+ならではの結果処理方法や考察について紹介 します。
本ワークショップは、STAR-CCM+を用いて空力騒音解析の手法に興味をお持ちの ユーザー様を対象としています。STAR-CCM+に搭載されている空力騒音用物理モデルの中で、使用頻度の高い定常・非定常モデルに関する説明をおこな い、実際に結果の処理方法の操作をしていただきます。
本ワークショップは、単相流の伝熱解析(熱伝導、共役熱伝達、輻射)に従事するエンジニ アや研究者の方を対象として います。 講義、製品のデモンストレーション、ハンズオントレーニングから構成され、伝導、対流、熱、太陽放射のモデリング理論と適用についても触れます。 本ワークショップでは、熱モデリングにおける技術や成功事例をご紹介します。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、他のCFDソフトウェアの使用経験はお持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 モデリングから計算実行・結果処理まで、CFDにおける一連の流れをお手元のPCでソフトウェアを操作し、ご体験頂くことが出来ます。 また、講師を担当する弊社エンジニアと直接ディスカッション頂きながら進行します。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、他のCFDソフトウェアの使用経験はお持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 モデリングから計算実行・結果処理まで、CFDにおける一連の流れをお手元のPCでソフトウェアを操作し、ご体験頂くことが出来ます。 また、講師を担当する弊社エンジニアと直接ディスカッション頂きながら進行します。
CD-adapcoの新コンセプト“SIMULATING SYSTEMS”に基づき、パーツから流体、FSI、最適化、感度に及ぶ解析により実現象をリアル感をもって実現する統合エンジニアリングシミュレーショ ンツール、STAR-CCM+の有用性を本セミナーで実感頂けます。
CD-adapcoの新コンセプト“SIMULATING SYSTEMS”に基づき、パーツから流体、FSI、最適化、感度に及ぶ解析により実現象をリアル感をもって実現する統合エンジニアリングシミュレーショ ンツール、STAR-CCM+の有用性を本セミナーで実感頂けます。
CD-adapcoの新コンセプト“SIMULATING SYSTEMS”に基づき、パーツから流体、FSI、最適化、感度に及ぶ解析により実現象をリアル感をもって実現する統合エンジニアリングシミュレーショ ンツール、STAR-CCM+の有用性を本セミナーで実感頂けます。
本ワークショップは、多数の固体粒子の移動運動を解析したい、というエンジニアの方を対象に、 STAR-CCM+の離散要素法(Discrete Element Method, DEM)を用いたシミュレーションの概要を 理論的な概要説明や実際の例題を通して学んでいただきます。

ページ