オーバーセットメッシュでシミュレーションの適用範囲が拡がります
STAR-CCM+ へのオーバーセットメッシュの導入はゲームチェンジャーとなるテクノロジであり、物体間の相対運動を正確に再現します。
  • Overset mesh simulation for store separation: the flow field and 6-Degree-of-Freedom motion of the store can be simulated by moving the grid attached to store while the background grid remains stationary, making the accurate simulation of relative motion between objects a straightforward task.
  • The overset mesh capability allows for a user to easily accommodate complex geometries without needing to worry about the details of cell activation/deactivation or interpolation. Depicted is a plane section showing the outline of an overset mesh on a missile from a Eurofighter.
  • Overset mesh simulation on a missile : with no need to worry about interconnecting meshes or cell distortion, the overset mesh capability in STAR-CCM+ (fully compatible with the full range of unstructured meshing options in STAR-CCM+) brings genuine moving object simulation within the grasp of all engineers.
  • Isosurface of Q-criterion colored by vorticity showing rotor wake from a ROBIN body. This simulation was generated using an overset mesh.
  • The introduction of overset mesh to STAR-CCM+ is a game changing technology that makes the accurate simulation of relative motion between objects a straightforward task.Depicted here is the use of this capability to simulate the water entry of an Assault Amphibious Vehicle (AAV7).

過去 30年間に渡り、複数の可動物体間の相互作用を表す計算流体力学 (CFD) シミュレーションを実行する能力は、物体間に相互接続されたメッシュを生成する必要があるため、制約がありました。この必要性のために「移動メッシュ」シミュレーションの設定が手動プロセスとなるだけでなく、移動範囲の大きな物体や非常に密接している物体の場合には作成が不能でした。

STAR-CCM+ のオーバーセットメッシュテクノロジーによりこの状況は恒久的に変わります。オーバーセットメッシュ (「重なり合う」メッシュや「キメラ」メッシュと呼ばれることもあります) では、それぞれの可動物の周りに独立したメッシュを作成し、それらのメッシュをバックグラウンドメッシュ上で自由自在に移動することができます。オーバーセットメッシュ機能は STAR-CCM+ の広範な非構造メッシュ作成オプションと互換性を持っています。オーバーセットメッシュは相互接続メッシュやセル変形の懸念がなくなるため、エンジニアは可動物体の純粋なシミュレーションを再現することができます。

オーバーセットメッシュは複数のデザイン構成を研究するための物体の再配置・置換も容易なので、パラメータ研究や定常/非定常解析にも活用できます。

RSS - オーバーセット を購読