クライアントサーバーアーキテクチャ | CD-adapco
柔軟なクライアントサーバーアプローチでチームによる並列処理
離れて作業をする現代のプロジェクトチームのために、STAR-CCM+ はクライアントサーバーアーキテクチャを使用して記述されています。サーバーが数値計算を実行する一方、クライアントではその制御と可視化を行います。
  • STAR-CCM+’s CAD clients offer the chance to leverage advanced capabilities from within your familiar CAD and PLM environment. Using the Client-Server approach, a user can visualize results and underlying CAD geometry as the solver is executing on the cluster.
  • To reflect the distributed nature of the modern project team, STAR-CCM+ is written using a client-server architecture. The server performs the numerical calculation while the client is used to control and visualize it. Client-server architecture allows for visualizing results as they are generated remotely on an HPC cluster.
  • STAR-CCM+ interface showing a trim volume mesh of a Hum-vee : STAR-CCM+ employs a pipeline methodology to ensure that the path from initial geometry to mesh can be easily and robustly automated. This meshing process may be carried out interactively or in batch.

このアプローチでは、シミュレーションを高性能の計算クラスタやマルチコアワークステーション、あるいはメインフレームコンピューターなどで実行している間に、STAR-CCM+ クライアントを利用して一般的なノートパソコンやデスクトップパソコンのような軽量リモートマシンでデータを解析することができます。ネットワークトラフィックは最小限に維持され、計算施設が地理的に離れていてもシミュレーションを制御できるため完全に柔軟な作業環境が実現します。複数のクライアントを単一の STAR-CCM+ サーバーに接続することでチームメンバーのコラボレーション作業も可能です。

RSS - クライアントサーバーアーキテクチャ を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies