ポスト処理 | CD-adapco
エンジニアリングデータを生かす STAR-CCM+ のツール
シミュレーションを成功させる鍵となるのは、ユーザーが結果を効率的に確認・分析できるツールを利用するです。STAR-CCM+ は有益な解析結果を抽出・分析するように設計しています。
  • High angle of attack re-entry simulation of the NASA X-34 with adaptive meshing for off-body shock capture: STAR-CCM+ offers a comprehensive range of efficient solvers for flow regimes from low speed up to hypersonic (whilst the fluid remains a continuum). Image courtesy of TLG Aerospace.
  • At the heart of STAR-CCM+’s post-processing toolset is the ability to extract and analyze engineering data. Here, an harmonic balance (HB) simulation was performed on a multistage axial compressor and the relative Mach mumber on the blades was displayed.
  • STAR-CCM+ has an extensive range of visual analysis tools to help deliver insight from the results. Here for example, post-processing tools were used to help visualize the ground effect and the complex vortex flow around the body of a high speed TGV train.
  • STAR-CCM+ was used to perform the aerodynamic analysis of a Wilson soccer ball in order to better understand its side force effect. The image shows streamlines in the wake behind the soccer ball.
  • Innovazione used STAR-CCM+ to perform an aerodynamic analysis of a sport touring motorcycle. Image courtesy of Roberto Di Francesco, Innovazione.
  • This image shows the tangential velocity fields and surface pressures from aerodynamic interactive coupling effects between unmanned aerial vehicles flying in close proximity to each other.

動的データ

解析の展開における各段階でシミュレーションをモニタリングし、結果を動的に更新することができます。シミュレーションが実行されて解析が進むのに伴い、計算中のデータを連続的に抽出したり、ソルバーの設定を変更することができます。ユーザー制御が常に可能なため、結果の正確性を確保しながらコンピューターのリソースを効率的に利用できます。

効果的な解析とコミュニケーション

STAR-CCM+ の広範な視覚解析ツールを用いて結果から洞察を引き出すことができます。STAR-CCM+ は使い易く統合されているため、流れ、熱、電気、応力フィールドを迅速・容易に調査し、それに応じて設計を評価することができます。無料で提供される 3次元ビューア STAR-View+ を利用すると、より広い組織内で情報を共有して Microsoft Word、Excel、PowerPoint に埋め込むことが可能です。

数値解析

STAR-CCM+ のポスト処理の中心となるのは、エンジニアリングデータの抽出および解析機能です。レポートは、力、係数、統計、および広範なアプリケーション固有の数値データを即座に返すように設計されています。モニターでは結果フィールドの統計問い合わせによる動的な解析レポートが可能です。これに加えて可視化、グラフ作成、作表、データ操作の各種ツールを利用することができ、ベクトル、流線、拘束流線、等値面とコンター、平面断面と任意断面、アニメーション、2次元/3次元プロット、成分表示など、結果をアクセスしやすい形で表示することができます。

RSS - ポスト処理 を購読