伝熱 | CD-adapco
幅広い産業と用途にわたり正確で効率的な熱伝達解析を実施
熱伝達の正確かつ効率的な予測は各種産業において重要な要件となっています。STAR-CCM+ の熱伝達解析はビルの温熱環境快適性からガスタービンの冷却まで幅広い用途に日々利用されています。
  • Surface to surface radiation simulation : STAR-CCM+ is an efficient and accurate tool to help identify problems and focus on thermal solutions including adressing conduction, radiation, convection and CHT
  • Thermal cabin modeling of car : cabin comfort can be addressed through virtual prototyping during the design stage of the product development cycle.
  • Surface irradiation and the flow pattern in the main lecture hall at the Hermann-Rietschel-Institut, which was also calculated using Solar Loads Model during a lecture
  • For heat transfer and conjugate heat transfer simulations, STAR-CCM+ offers a wide range of models, including solar, multi-band and specular thermal radiation (discrete ordinates or surface-to-surface) models. Here, STAR-CCM+ was used to compute the temperatures at component level inside a router and assess the efficiency of the cooling system.
  • Automotive Engine Thermal Management
  • Thermal analysis and management

共役熱伝導

固体・流体からの伝熱を単一のシミュレーションで表すことで、結果の精度が向上するとともに計算時間も短縮されます。STAR-CCM+ のメッシュ作成ツールは精度の高い固体-流体熱連成 (CHT) 解析を実現する鍵となります。流体と固体の両方に対してコンフォーマルなメッシュを自動作成できるため、マッピングルーチンやインターフェース補間の必要がありません。

問題となる固体が薄い場合、STAR-CCM+ には固体を厚みの無いシェルとして置き換えるオプションがあります。この固体シェルを用いれば厚みのある部分にメッシュを作成することなく平面内の熱伝導を求めることが可能になります。またシミュレーションのメッシュ作成と解析の両方で時間を節約できます。

輻射

STAR-CCM+ には単純なサーフェス間の熱伝達から輻射性媒体の Discrete Ordinate 法による輻射モデリング (DOM) に至るまで、輻射熱伝達をモデリングするための包括的なツールが多数揃っています。

 STAR-CCM+ のサーフェス間輻射モデリング機能はさまざまな用途を幅広くカバーし、灰色体輻射とマルチバンド輻射の両方のモデルを搭載しています。日射シミュレーションについては専用のモデルを搭載しています。太陽負荷計算機能により太陽光源が地理的な場所と日時に基づいて自動的に計算されます。固体と境界の相互作用については、輻射モデルは透明オブジェクトと半透明オブジェクトに加え鏡面反射も扱うことができます。

 

RSS - 伝熱 を購読