機械的応力 | CD-adapco
STAR-CCM+ 独自の有限体積法 (FV) 応力ソルバーを用いて、流れ-熱-応力の連成シミュレーションを単一環境内で実行します。
STAR-CCM+ は流体や固体、熱伝達、応力に関するエンジニアリング問題を解析する、単一の統合された多用途環境です。STAR-CCM+ は独自の有限体積 (FV) 応力機能を持っています。これを用いることにより、低いスペックのCPU、メモリを用いてFSI 、熱流体-応力の連成シミュレーションを実行することが可能です。
  • Temperature distribution on a pressure vessel
  • Conjugate Heat Transfer (CHT) refers to the simultaneous heat transfer in both a solid and a fluid where the conduction in the solid material and the convection in the fluid are analyzed simultaneously . Shown is the flow thermal stress analysis of the NASA C3X turbine blade

固体応力機能は線形等方性弾性や Rayleigh 減衰を含む物質モデルを使用し、単純な変位から力、さらにはトラクションに至るまで幅広い境界タイプをカバーします。  さらに精度を上げるために接触衝撃インターフェースを溶接または摩擦なしでモデリングできます。

固体応力機能ではサードパーティ製コードやファイルマッピングを必要としないため、陰解法/陽解法 FSI や小変位/大変位 FSI を容易に実行できます。

固体応力モデルを選択すると機械的連成シミュレーションの条件が固体シミュレーションで利用できるようになります。単方向連成はエクスポートオプションを介して、双方向連成はエクスポートオプションとインポートオプションを介して有効になります。

RSS - 機械的応力 を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies