温熱環境快適性モデリング | CD-adapco
車両の乗客やビルの居住者の熱生理学モデリング
温熱環境快適性の研究は多くの産業において設計プロセスにおける重要なステップです。STAR-CCM+ の温熱環境快適性モデル (TCM) を用いれば車両の乗客やビルの居住者の快適性について温熱環境快適性の正確なモデリングが可能です。
  • Thermal cabin modeling of car : cabin comfort can be addressed through virtual prototyping during the design stage of the product development cycle.
  • STAR-CCM+ includes a human thermo-physiological model called Thermal Comfort Model (TCM) that accounts for thermal inertia, blood circulation, heat exchange,vapor exchange and body temperatures.

TCM と TIM

STAR-CCM+ の温熱環境快適性モデルは TIM (ドイツ語で「熱生理学的居住者モデル」の略) と呼ばれる特殊な 1次元コードを活用します。TIM は車両やその他の密閉空間にいる人間の乗客の熱生理学的状態をモデリングして数量化します。STAR-CCM+ の温熱環境快適性モデルでは居住者や乗客のバイオメトリクスデータを入力できます。

温熱環境快適性管理ウィザード

STAR-CCM+ には温熱環境快適性ケースの設定を支援するためのウィザードがあり、ユーザーは設定手順の段階を追って対話的に進めることができます。これには各乗客の境界条件とバイオメトリクス設定の割り当て、外部環境の設定、データのポスト処理データが含まれます。

RSS - 温熱環境快適性モデリング を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies