手法を行わずに火花点火を直接モデリング
燃焼モデルを補完するため、STAR-CD には火花点火などの主要プロセスに対応した補助モデルも含まれています。AKTIM (Arc and Flame Kernel Tracking Model) を使用することで、高圧スパークにより発生するプラズマの影響を考慮して燃焼を開始することができます。
  • Transition from plasma to initial flame kernel development
  • Flame propagation which later results in autoignition (knock) ahead of the flame in the unburned gas
  • Summary of STAR-CD and es-ice capabilities : to keep pace with developments in engine technology, CD-adapco is continuously developing the software to add new capabilities and functionality

ここには点火システムの二次 (高圧) 回路が含まれ、点火プラグ電極間のプラズマを表すのに用いる高エネルギーガスの一連の粒子を発生させて追跡するために、ラグランジュ手法を用いています。これらの粒子と気体との相互作用により、エネルギーがオイラー混相の気相側に伝わると火炎核が発生します。

AKTIM は点火の手法ではなくモデルを提供するため、低火花エネルギーに起因する不点火、大きな火花ギャップ、電極における高ガス速度などの現象をシミュレーションすることができます。

RSS - 火花点火 を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies