電気化学 | CD-adapco
1つの電池モジュールごとに未来をシミュレート
STAR-CCM+ はリチウムイオン電極物質の特性と挙動を理解する上で役立つシミュレーションツールを提供しています。電極の活物質 (特にカソード活物質) は通常リチウムイオン電池セルで最も高価な部品であるため、その特性と挙動を理解することはセル製造メーカーにとって非常に重要です。
  • A 6 cells module was analyzed in STAR-CCM+. Prismatic wound cells were used and the ohmic heating was solved in the cells connectors. This image shows the temperature distribution on the pack and on the air flow streamlines.
  • Temperature distribution analysis of a module of 84 cells: 42 cells connected in series, and each row is connected in parallel. Liquid cooled plate are lateraly postionned on those rows (Image courtesy of ASCS, Stuttgart and Behr)

電極の微細構造をモデリングしてその電気化学反応を予測する機能は、セル設計の品質とパフォーマンスを判定する上で役立ちます。例えば多孔電極をどの程度蛇行させることができるかを判定したり、粒子のサイズと分布を解析したりパラメータ化を行うことができます。これはどちらも電極に関して重要な要素となります。

 

RSS - 電気化学 を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies