ジオメトリ準備とメッシュ作成時間を数か月から数時間に短縮
STAR-CCM+ は複雑な形状においても迅速かつ容易に、効率的にメッシュを作成いたします。手動・自動のサーフェス準備ツールに加え、先進のポリヘドラルメッシュやトリムメッシュの作成機能も備えた STAR-CCM+ はユーザー制御と自動化行程がバランス良く盛り込まれています。
  • The Advancing Layer Mesher uses a pseudo-structured mesh approach to generate layered, primarily structured grids from wall boundaries beyond the boundary layer. This meshing approach is suitable for computations involving bow shocks as depicted in this simulation of the re-entry of the Crew Exploration Vehicle.
  • STAR-CCM+ offers a range of state-of-the-art technologies for volume mesh generation including the pioneering polyhedral mesh type as shown here on a Bell 407 helicopter. Polyhedral meshes are fast to converge, easy to generate and more efficient than tetrahedral meshes.
  • STAR-CCM+ provides advanced automated meshing capabilities which ensure that the fidelity of a complex geometry is retained in the simulations and no simplifications are involved. Shown here is a volume mesh with conformal meshing between the components of a motherboard.
  • When handling complex structures, STAR-CCM+'s surface wrapping capability enables the user to automatically, and quickly, create a solution domain for the flow around the imported solid body. Here, the surface wrapper was applied to an intricate oil rig geometry.
  • STAR-CCM+ interface showing a trim volume mesh of a Hum-vee : STAR-CCM+ employs a pipeline methodology to ensure that the path from initial geometry to mesh can be easily and robustly automated. This meshing process may be carried out interactively or in batch.
  • STAR-CCM+ offers a range of state-of-the-art technologies for volume mesh generation including the pioneering polyhedral mesh type as shown here on a cargo aircraft. Polyhedral meshes are fast to converge, easy to generate and more efficient than tetrahedral meshes.

STAR-CCM+ のメッシュ作成パイプライン

STAR-CCM+ はパイプライン手法を採用しており、最初のジオメトリからメッシュまでの流れを容易にかつ確実に自動化できます。メッシュ作成プロセスのそれぞれのステップは、共通のユーザーパラメータセットを用いて順番にあるいは独立して実行することができます。自動メッシュ作成プロセスは対話型モード、バッチ、リモートのいずれでも実行できます。

サーフェス準備の完全なツールセット

STAR-CCM+ はボリュームメッシュを作成するためのサーフィスメッシュ作成を柔軟に行います。エラー診断、サーフェスプリミティブの細かい操作、トポロジーの識別、フィーチャー除去、三角形分割サーフェスでのブーリアン演算やインプリント演算など、サーフェス準備のための幅広いメッシュ演算を利用することができます。

自動サーフェスラッピングで準備期間を最短化

STAR-CCM+ に搭載されている革新的なサーフェスラッピング技術により、サーフェスの準備にかかる時間を数桁の規模で縮めることが可能になりました。従来なら数週間かかっていた高品質サーフェスメッシュの作成がわずか数分で完了します。完全自動化され最も複雑な形状や大型アセンブリの扱いにも信頼性の高いこの技術は高評価を得ています。

ボリュームメッシュの選択肢

STAR-CCM+ は先駆けとなるポリヘドラル/トリムメッシュを含む、幅広いボリュームメッシュ作成テクノロジを提供しています。共役熱伝導や FSI などのマルチドメインシミュレーションにおいて、コンフォーマルメッシュを自動的に作成することができます。プリズムレイヤーはロバストに生成されるため、壁面境界層を正確に捉えることができます。薄いオブジェクト向けのプリズム要素作成、汎用円筒ジオメトリ、境界押出しなどの機能もメッシュ作成時に使用可能です。

 

RSS - 高度なメッシュ作成 を購読