選択した設計環境からシミュレーションに直接アクセス
STAR-CCM+ は有意な解析結果とエンジニアリング設計間のギャップを解消します。設計環境から直接シミュレーションにアクセスする必要がある場合、あるいは CAD アセンブリのインポートや新しいジオメトリの作成が必要な場合にも、STAR-CCM+ がソリューションを提供いたします。
  • Screen shot of Le Mans car geometry inside STAR-CCM+ : r egardless of the complexity of assemblies, when geometries are read into STAR-CCM+, the full assembly structure along with body and surface naming conventions are preserved without the need for time consuming re-organization.
  • 3D-CAD, a powerful and fully parametric 3D feature-based modeler in STAR-CCM+, is designed around the needs of engineering analysis, bridging the gap between CAD and CAE. Shown here is a s ports car geometry created with 3D-CAD modeler in STAR-CCM+.
  • Using the 3D-CAD modeler in STAR-CCM+, users have the ability to build geometries from scratch, or import and edit existing geometries. All parts for the motorcycle shown were created using the 3D-CAD modeler in STAR-CCM+.
  • STAR-CCM+’s CAD clients offer the chance to leverage advanced capabilities from within your familiar CAD and PLM environment. Using the Client-Server approach, a user can visualize results and underlying CAD geometry as the solver is executing on the cluster.

CAD/PLM 環境から STAR-CCM+ の能力を解き放つ

STAR-CCM+ の CAD クライアントを用い、使い慣れた CAD/PLM 環境から高度な機能を活用することができます。関連性、境界設定、ポリヘドラル/トリムセルメッシュ作成の機能を備えた CAD クライアントでは、エンジニアリング設計や最適化プロセスに解析を容易に組み込むことができます。シミュレーションの適用範囲を拡げ、結果の精度を高めたいお客様にとって、STAR-CCM+ と CAD クライアントの組み合わせは理想的なソリューションとなります。STAR-CCM+ CAD クライアントは現在、CATIA V5、SolidWorks、Autodesk Inventor、Pro/ENGINEER、PTC/Creo、SIEMENS NX でご利用いただけます。

柔軟に選べる CAD インポート形式

解析担当者が受け取る CAD フォーマットはあまり選択肢がありませんが、STAR-CCM+ は数多くの CAD/PLM インポート形式を用意しています。ネイティブ形式、中間形式、変換用形式に対応し、SolidWorks、CATIA V4/V5、Pro/E、NX、Inventor の各形式に加えて PLM XML、JT Open、IGES、STEP、STL、Parasolid 形式も直接読み取ることができます。

アセンブリ用に整理されたデータ構造

複雑なアセンブリの場合にも、STAR-CCM+ に形状を読み込む際にボディーとサーフェスの命名規則と共にアセンブリ構造が保持されるため、再構成に時間をかける必要がありません。メッシュ作成、物理条件、境界条件設定は、元の CAD との関連を維持するため、パーツやアセンブリを容易に入れ替えて「what-if」研究を実施することができます。

STAR-CCM+ におけるパラメトリック 3D-CAD

STAR-CCM+ には全面的にパラメータを使用したフィーチャーベースの 3次元モデラーが標準で内蔵されています。形状を最初から作成したり、インポートして適切に編集することができます。STAR-CCM+ における 3D-CAD はエンジニアリング解析のニーズに沿って設計されているため、CAD - CAE 間のギャップを解消します。外部・内部流れのドメインの自動抽出やインプリント操作、またジオメトリパラメータの公開機能により、エンジニアリング結果に基づく設計の最適化も容易です。

RSS - CAD/PLM 統合 を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies