コンピューティングリソース全体を効率的に活用
単一のワークステーションから専用の計算クラスタに至るまで、システムを問わず STAR-CCM+ はメッシュ作成からポスト処理までのシミュレーションプロセスにおいて計算能力を効率的に活用するように設計されています。
  • The STAR-CCM+ overset mesh capability makes moving mesh computations easy as shown here with a NASCAR overtake simulation involving multiple vehicles.
  • STAR-CCM+’s CAD clients offer the chance to leverage advanced capabilities from within your familiar CAD and PLM environment. Using the Client-Server approach, a user can visualize results and underlying CAD geometry as the solver is executing on the cluster.
  • STAR-CCM+ was used to perform the aerodynamic analysis of a Wilson soccer ball in order to better understand its side force effect. The image shows streamlines in the wake behind the soccer ball.
  • This STAR-CCM+ aerodynamic analysis of a Cervelo S5 bike allowed to visualize the pressure on the bike and the rider, as well as the behavior of the airflow in their wake.
  • To reflect the distributed nature of the modern project team, STAR-CCM+ is written using a client-server architecture. The server performs the numerical calculation while the client is used to control and visualize it. Client-server architecture allows for visualizing results as they are generated remotely on an HPC cluster.

並列メッシュ作成

ボリュームメッシュ生成に従来使用されていた直列型の手法は、大量のメモリを持つ単一ノードを必要とするため、典型的な計算クラスタには適していません。この制限を取り除くため、STAR-CCM+ には並列メッシュテクノロジを搭載いたしました。これによりクラスタの計算ノードをメッシュ作成にフルに活用できます。ポリヘドラルメッシャーで利用可能なメッシュ作成の並列処理では、クラスタハードウェアをより効率的に利用し、メッシュ作成から解析までをシームレスに実行いたします。

パラレルディスク I/O

シミュレーションファイルサイズのこれまでにない増大に伴い、関連するファイルサイズも増大しています。ファイル管理がオーバーヘッドの負担にならないよう、STAR-CCM+ ではパラレルファイルシステムを活用してファイルの読み書き回数を最小限に留めます。シリアルディスク I/O と比較して最大 3倍の速度を誇る PanFS、Lustre、および GPFS ファイルシステムがサポートされています。

ソルバーの速度

STAR-CCM+ で解析を生成するためにかかる時間はユーザーにとって極めて重要であり、バージョンのコードに対して HPC システムにおけるベンチマーキングを実施しています。開発チームはソルバーに新機能や機能強化を実装することで、常にシミュレーション時間の短縮を図っています。また CD-adapco は多くのハードウェアベンダーとパートナー関係を結び常に最適化のプロセスを続けていることから、STAR-CCM+ は大半の高度なコンピューティングシステムで最適に動作します。

ライセンス形態

コンピューター能力の向上とともにハードウェアの価格は低下しています。STAR-CCM+ のライセンス形態はソフトウェア価格とプロセッサ数との関係を断ち切ることで、お客様の計算リソースをフルに活用していただけます。革新的なパワーセッションライセンスでは、STAR-CCM+ を無限個数のコア上で固定価格で実行することができます。PoD セッションは柔軟性のある計算に有効です。利用量がプロセスやコアではなく時間数でカウントされるため、需要が大きい場合やクラウドコンピューティングを選択した場合に、追加のライセンスを利用することができます。どちらのモデルもシミュレーションコストを削減することで ROI を最大限に引き上げます。

RSS - HPC パフォーマンス を購読
  • Presentations
  • Videos
  • Papers
  • Case studies