ワークショップ | CD-adapco

ワークショップ

CD-adapcoはさまざまなトピックスに関するイベントを世界中で開催しています。詳細については下記のタブより「Asia」を選択し、 日本語のコンテンツをご確認ください。弊社のワークショップおよびセミナーは無料ですが、事前のご登録が必要です。

 

弊社ではこれらのイベント以外に、イベントでは扱っていない分野のトピックスなどのウェビナーやウェブキャストもなども豊富にご用意しており ますので、こちらもあわせてご利用ください。
Houston, TX USA
9月 23, 2014

This seminar will feature presentations from leading companies in the marine and offshore industry, as well as experts from CD-adapco. A representative from Houston Offshore Engineering will also be there, discussing VIM analysis of Deep Draft Column Stabilized Floaters.

If you’re interested in discovering more about what’s involved in performing such analyses, the seminar will feature both live demonstrations of STAR-CCM+, and an opportunity to try it yourself, with a hands-on session.

Düsseldorf, Germany
9月 24, 2014

In diesem Seminar werden die allerneuesten Methoden bezüglich der effizienten Berechnung von Wärmeübertragung beim Design von mechanischen und elektronischen Systemen, einschließlich Komponenten und Baugruppen, vorgestellt. Während der Veranstaltung werden Simulationsspezialisten die Teilnehmer durch ein geometrisches Modell zu den Ergebnissen führen.

 

Yokohama, Japan
9月 2, 2014

マルチフィジックスの解析を提供するSTAR-CCM+では電磁場解析は強化項目の一つです。
本ワークショップでは、STAR-CCM+で対応可能な電磁場解析の例を交え、ハンズオンセッションとともにその事例と可能性をご紹介致します。

Nagoya, Japan
9月 3, 2014

本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。

設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。
HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。
HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。

上海
9月 5, 2014

“CD-adapco 电机专题研讨会”是CD-adapco China面向电机客户主办的专题研讨会,将于2014年9月5日在上海举行。大会将由CD-adapco美国办公室的的电机行业负责人James Dorris博士与国内的嘉宾共同探讨电机优化设计技术与趋势,欢迎您注册参会。

Yokohama, Japan
9月 9, 2014

本ワークショップでは、STAR-CCM+のラグランジェ混相流モデルの概要と使用方法をレクチャーとハンズオンを交えて紹介いたします。

Osaka, Japan
9月 12, 2014

本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は
お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。

CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。
ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の
特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や
ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。

Yokohama, Japan
9月 19, 2014

本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は
お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。

CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。
ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の
特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や
ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。

Yokohama, Japan
10月 7, 2014

本ワークショップでは、CFD を初めて行う方々や、これまでブラックボックスツールとしてCFD ソルバを利用してきた方々が
基礎的な理論知識を学習することによって、今後の解析作業の足がかりにしていただけるような内容をご用意しております。
講義内では、まず初心者の方々向けにCFD のワークフローをわかりやすく説明させていただきます。
その後、計算時に用いられる各種保存方程式の説明、ソルバの数値スキームの概要、境界層・乱流モデルの分類等について、
わかりやすい言葉で説明させていただき、今後の解析業務に対して応用力や分析力を身につけていただけるように考えております。
本ワークショップはハンズオンと して、簡単な解析を実施し、数値解と理論解の比較、
更に理論と結び付けた可視化等を実習頂くことも予定しています。

Osaka, Japan
10月 10, 2014

本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は
お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。

CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。
ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の
特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や
ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。

また、講師を担当する弊社エンジニアと直接ディスカッション頂きながら進行します。

Yokohama, Japan
10月 15, 2014

相変化現象には、蒸発、凝縮、沸騰、キャビテーション、凝固、融解などさまざまに分類があり、それらに対する解析手段も多岐にわたります。 しかしながら、解析難易度は高く、現象に対して適切なアプローチをおこなわないと、合理的な解を得ることはできません。 本コースでは、相変化現象の例題を交えながら、概念をご紹介します。

Yokohama, Japan
10月 17, 2014

本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は
お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。

CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。
ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の
特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や
ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。

また、講師を担当する弊社エンジニアと直接ディスカッション頂きながら進行します。

Osaka, Japan
10月 21, 2014

本ワークショップでは、STAR-CCM+のラグランジェ混相流モデルの概要と使用方法をレクチャーとハンズオンを交えて紹介いたします。

Yokohama, Japan
10月 21, 2014

本ワークショップは、単相流の伝熱解析(熱伝導、共役熱伝達、輻射)に従事するエンジニアや研究者の方を対象として います。
講義、製品のデモンストレーション、ハンズオントレーニングから構成され、伝導、対流、熱、太陽放射のモデリング理論と適用についても触れます。
本ワークショップでは、熱モデリングにおける技術や成功事例をご紹介します。