Library

2796 match your search

Over the past decade substantial advances have been made in the modeling of combustion in SI engines. The progress can be attributed to the development of new generation of models which explicitly take into account the fact that SI engine combustion occurs in the wrinkled flamelets regime. Examples in STAR-CD are: the Extended Coherent Flame Model (ECFM) and the Level Set model (G-equation model). While these 2 models differ in some aspects, the common characteristics are that the instantaneous flame is regarded as a thin surface which propagates normal to itself at the local laminar flame...
New HEEDS portals for es-ice, pro-STAR, and STAR-CD are now available enabling straightforward workflow definitions and MDX for transient in-cylinder simulation with es-ice and STAR-CD. This presentation will describe an automated workflow for the full setup and simulation process along with several workflow and MDX examples for a variety of in-cylinder applications.
今日、シミュレーションは多くの国で導入されており、多かれ少なかれ集中的に使用されています。また、シミュレーションの複雑さはコンポーネントレベルから車両全体の完全なシミュレーションまで多岐にわたります。 本講演では、車両熱害管理(VTM)のシミュレーションの事例により、VTMシミュレーションがメルセデス・ベンツ・カーズで車両全体の開発におい てどのように統合されたか、またこの統合プロセスの成功要因は何だったのか、について紹介します。また、4つの主要なシミュレーションプロセス段階(デー タ提供、前処理、処理、後処理)に対する異なるアプローチや、VTMシミュレーションにおける25年にわたる経験から得たノウハウについても紹介します。 さらに、車両開発プロセスにおけるシミュレーションエンジニアの役割やVTMプロセスにおけるハードウェアプロトタイプ数の削減の影響もまたグローバル作 業と同様に紹介します。
誘導加熱式溶解炉では、誘導加熱で金属を加熱し溶融させている。これらを詳細に解析しようとすると、電磁界による発熱と熱流体による放熱を考慮する必要が ある。また、昇温により物性値は刻々と変化して行くため、電磁界と熱流体を双方向で解析する必要がある。そこで、今回、JMAGとSTAR-CCM+を双 方向連携させた解析の実施例を報告する。
STAR-CCM+を用いた垂直軸風車の3次元解析について2つの事例を紹介する。第1の事例は直線翼垂直軸風車の翼端にサイズの異なる端板(エンドプ レート)を取り付けた場合の出力係数および翼端周りの流れ場に関する解析結果を示す。第2の事例は、円形翼バタフライ風車の翼を傾斜(ツイスト)して空気 ブレーキとする場合の風車翼に作用する空気力に関する3次元CFD解析であり、翼素運動量理論による予測結果との比較を示す。
空気砲で見られる煙のドーナツの正体である渦輪は、自身の中に流体や微小粒子を閉じ込めた状態で自走する流体力学的特性を有する。この特性を利用すれば、 冷・暖気(熱流体)を固まりの様にした状態で利用者まで直接的に輸送し、利用者周囲の局所空間を集中して調温する空調技術が実現できる。本講演では、渦輪 の中に熱流体を供給した場合に、渦輪内の温度分布が渦輪の挙動、粘性拡散および伝熱特性に及ぼす影響についてLES解析を行った事例を説明する。
Formula SAEは、学生が主体となり世界共通のレギュレーションの下、一つのフォーミュラカーを企画から設計・開発とすべてを行い、速さはもちろんコスト・創造 性・売り手を仮定したプレゼンテーションという、ものづくりの総合力を養うことができます。近年、空力の重要度が増しており、開発スピードの向上が求めら れています。2015年のレギュレーション変更により、ダウンフォースが削減され、回復の為にエアロデバイスの新たなデバイスにも挑戦致しました。開発す る際のパーツごとの解析事例を発表し、貴重な意見やアドバイスを頂けたらと思います。
競技車輌においては姿勢変化した際の空力性能が重要となる.そうした中で、アンダーフロアにおける空力開発事例を紹介させて頂きます。
吸入粉末剤(Dry Powder inhaler: DPI)は従来使用されているネブライザーに比べ、携帯性に優れ、薬物の送達効率を向上させる可能性を持っている。DPIを使用する際、デバイスに薬物を セットし、吸入前に息を吐いた後、薬物を吸入し息を止めるという一連の動作が必要である。臨床現場では、薬物吸入後に息を止める行為を忘れる患者が多く、 効果的な治療を行えていないのが現状である。本研究では、吸入後におけるBreath-holdとExhalationが気道内における薬物沈着に及ぼす 影響についてCFDシミュレーションによる解析を行った。
ヒトの肺気流は,7つの力学的要素によって気流の置換を行っている.その最も深層部で役割を果たしている非可逆流れ効果について,試行的数値シミュレーションを行い,数値実験を行い,将来の人工呼吸器開発に向けての模索を行い得られた結果について報告する.

페이지