Library | CD-adapco
Library

2164 match your search

本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
CD-adapcoは現在MDX:Multi-disciplinary Design Explorationをキーワードとし、STAR-CCM+を用いた設計探査機能の拡充を図っております。 本ワークショップでは、そのコアとなる以下の機能の紹介と実践的な使用方法を解説いたします。  ・Optimate+:設計探査モジュール(アドオン機能)  ・Adjoint法:感度計算機能(標準搭載機能) また、ハンズオンセッションを通して実際の操作方法もご体験いただけます。
시뮬레이팅 가스 터빈 엔진 – 파트 3: 연소
운송수단과 에너지 분야에서의 핵심기술은 연소기술로, 전세계 에너지의 약 80% 수준이 화석 연료의 연소를 통해서 만들어 집니다. 따라서, 가스 터빈에서 연소를 담당하는 연소기는 가스터빈의 연구 개발에서 매우 중요한 부분입니다. STAR-CCM+® 는 가스 터빈 연소기 설계와 해석을 위한 이상적인 플랫폼입니다. STAR-CCM+를 통한 시뮬레이션은 다양한 작동 조건에서 가스 터빈의 성능 예측, 효율 증대를 위한 연소기의 최적 설계, 배기가스의 최소화, 연소기 내에서 발생하는 복잡한 현상을 예측하여, 연소기의 개발 시간 및 비용을 절약하고 출력과 수명, 효율을 향상시킬 수 있습니다. 이번 동영상에서는 가스 터빈 연소기의 시뮬레이션 관점에서 다음과 같은 핵심 기능에 대하여 보여드리고자 합니다. RANS와 LES 모델을 사용한 Steady & Unsteady 유동 해석 기체 및 액체 연료를 대상으로 고등 수치해석 모델을 통한 연소기내에서의 액체 연료 주입, 연료의 Break-up 현상 모사, 증발과 연소 구현 연소 시스템의 성능 특성 평가를 위해 중요한NOx, CO, 미연소 탄화수소, Soot를 예측하기 위한 Emission 모델 오염물질의 형성과 제품의...
Exporting Values from Java Macro
Exporting Values from Java Macro

Pages