Library

2166 match your search

This event will feature a wide range of advanced topics related to aftertreatment devices presented by our technical leads and one of our product managers. Experts from different fields will be present to showcase demonstrations on various applications and answer your questions.
Student Voices - Joel Chen
Listen to Joel Chen, Imperial College London, discuss STAR-CCM+ as an Airfoil Icing Analysis Tool.
VOF法・混相分離型流れウェビナー 【後半】混相分離型流れ セッション
※VOF法・混相分離型流れウェビナーは、前半のVOF法セッションと後半の混相分離型流れセッションで構成されています。 別ページにございます VOF法セッション をご視聴頂いた後、混相分離型流れセッションをご視聴ください。 混相流現象の把握、解明、そしてCFDによる的確なモデリングは、分野を問わず各産業界で重要な課題です。 STAR-CCM+は様々な混相流形態(気体・液体・固体-気体・液体・固体)に対し、オイラー的アプローチで、課題の解決に取り組むことができます。 本ウェビナーでは、オイラー的アプローチ手法の1つである混相分離型流れモデル(Euler-Euler)について、手法の概要、特徴、適用事例及びSTAR-CCM+での操作方法を紹介します。 例題では、気泡流れ現象に対して混相分離型流れモデルを適用します。さらに、同じオイラー的アプローチ手法であるVolume of Fluid(VOF)法も同じ気泡流れ現象に適用し、それらの比較を通じて、混相分離型流れモデルの有効性・適用性について検討します。
VOF法・混相分離型流れウェビナー 【前半】VOF法 セッション
※VOF法・混相分離型流れウェビナーは、前半のVOF法セッションと後半の混相分離型流れセッションで構成されています。 VOF法セッションをご視聴頂いた後、別ページにございます 混相分離型流れセッション をご視聴ください。 【前半】VOF法 セッション 混相流現象の把握、解明、そしてCFDによる的確なモデリングは、分野を問わず各産業界で重要な課題です。STAR-CCM+は様々な混相流形態(気体・液体・固体-気体・液体・固体)に対し、オイラー的アプローチで、課題の解決に取り組むことができます。 本ウェビナーでは、VOF法と混相分離型流れモデルの違いを解説した後に、オイラー的アプローチ手法の1つであるVOF法について、理論や特徴を紹介致します。 VOF法は界面追跡を行うためのモデルであり、自動車、プロセス、建築分野を含めた様々な分野で利用されています。本ウェビナーでは高精度スキームであるHRICについて解説した後に、VOFモデルの設定や、解の初期化の方法を紹介致します。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。
本セミナーでは、初めて最適化ソフトウェアを触られる方、また他に最適化ソフトウェアをお持ちでもHEEDS/Optimateのご使用が初めての方を対象としております。 設計探査作業(最適化、実験計画法、応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただけます。 HEEDS/Optimateは、SHERPA(シェルパ)と呼ばれる自己学習型探査アルゴリズムを搭載しており、一般的な最適化ツールでは必要な「探査アルゴリズムの選択・チューニング」などの煩雑な作業は一切必要ありません。 HEEDS/Optimateが実現する新しい設計探査のプロセスをぜひ実感ください。

Pages