Library

2851 match your search

Predicting the Real-World Performance of Your Products with Multiphase Simulations
Applications involving multiphase flows are all around us. The simulation of these applications requires a broad range of Eulerian and Lagrangian multiphase modeling capabilities that can work together and ensure that the predicted behavior of your designs matches the real-world performance of your products. This broadcast covers a wide variety of applications that can be solved with multiphase simulations delivered from a single integrated user interface. Examples include the build-up of ice on an aircraft wing, the demisting of a headlamp, the transport of rocks/aggregates, dropping a...
The recent Silverstone Formula Student competition highlights the reasons for the success of university formula car events. Few student projects allow undergraduates to demonstrate so many skills needed for real-world engineering roles. Team members engage in car design, project management, procurement, testing, and even sponsorship fund raising. Engineering simulation software is heavily used for aerodynamics, suspension designs and internal cooling systems and some team leaders spend as much as 40 hours per week on team duties in addition to their school studies.
Cyclist Motion in CFD
Using mesh morphing and overset mesh technology in STAR-CCM+ so aerodynamically asses dynamic cyclist motion
As the dust settles on the Tour de France, and before it is stirred up again in Rio for the 2016 Olympic games, cycling sure is in the news of late. Unlike most sports in the summer Olympics, cycling is probably only one of two sports (the other being sailing) where aerodynamic performance directly impacts the athlete. So much so that at 50km/h 90% of the energy loss is related to aerodynamic drag. Cycling aerodynamics has been a widely studied topic for many years now, and its measurement takes on three forms: on-track testing (using power meters in the wheels), wind tunnel testing on...
反応・燃焼シミュレーションと解析事例
本ウェビナーでは、化学プロセス、重工、石油ガス、エネルギーなどの産業にて、反応・燃焼計算に 携わっている方や、これから取り組んでみようと思われている方、ご関心をお持ちの方を対象に、 反応・燃焼シミュレーションと解析事例をご紹介します。 国際エネルギー見通し(IEO2013)によると、2010年から2040年の間に世界のエ ネルギー消費量は56%増加し、また、世界のエネルギー使用量の約80%は、化石 燃料から供給され続けると見込まれています。ガスタービンに代表されるよう な、化石燃料をエネルギー源とする装置・設備は、今後ますますエネルギー効 率向上、信頼性および排出削減を目指した設計・開発が求められています。そ の他にも、自動車、重工業、化学、石油・ガス、半導体などあらゆる産業分野 で、より良い製品を効率的に設計・開発するために、化学反応計算の活用が ますます重要になってきています。 また、設計・解析の現場では、プロトタイプの作成やパイロットモデルをシミュレーション に置き換えることによるコスト削減、また設計全体の期間を少しでも短縮することが 課題となっています。 統合エンジニアリングシミュレーションツールの業界スタンダードであるSTAR-CCM+では、 渦消散(EBU:Eddy Break Up)モデルから詳細化学反応モデルまで、広範囲における 化学反応計算の定義が可能であり、...
STAR-CCM+v11.04新機能紹介
本ウェビナーでは、2016年6月29日に世界同時リリースのSTAR-CCM+ v11.04の新機能情報について、下記の機能を中心にご紹介いたします。 最新バージョンv11.04では、v11のテーマである“Discover Better Designs. Faster.”を踏襲し、主として以下の機能追加・機能改良を行っています。 ・3D-CADにおける参照ジオメトリ 3次元CADモデルのための参照ジオメトリ(点、軸、面等)を作成し、そこから 様々なエンティティを作成することができます。 ・自動時間ステップ 非定常解析において、クーラン数をベースとした自動時間ステップの設定が可 能になります。 ・ラグランジェ粒子の溶け込みモデル ラグランジェ相として設定した粒子がVOF相(液体)に溶け込んでいくような 設定が可能になります。 ・定常液膜モデル これまで非定常でしか実施できなかった液膜モデルが定常解析でも実施可能に なります。 ・積層シェルモデリング これまで単一の物性のみでモデル化されていたシェル熱伝導に対して、積層構 造を考慮できるようになります。 ・有限要素法磁場解析 これまで懸案であった強磁性体を含む磁場解析が本機能で実現可能になります。 現状は静解析だけですが、今後拡大していく計画になっています。 ・アジョイントソルバーの評価関数拡大 表面積分や体積積分の値を感度として、...
The latest version of STAR-CD features significant enhancements for combustion modeling as well as usability improvements to deliver accurate in-cylinder solutions New York and London. July 31, 2016 CD-adapco, a global provider of multidisciplinary engineering simulation and design exploration software, announced the release of STAR-CD® v4.26, the latest update of its industry-leading Internal Combustion Engine (ICE) simulation solution. STAR-CD v4.26 helps deliver more accurate in-cylinder solutions quickly and easily, advancing the company’s mission to enable customers to discover better...
STAR-CCM+ v11.04版本新功能介绍
【内容介绍】 STAR-CCM+最新版本STAR-CCM+ v11.04已经正式发布,正式用户已经可以从 Steve Portal 下载。同时,CD-adapco中国将于2016年7月27日15:00-16:00通过网络研讨会方式,介绍此版本的主要新功能。 STAR-CCM+ v11.04包含从CD-adapco用户创新论坛 Ideal Storm 提交的建议中筛选出的许多新功能。这个版本的目的在于提供不同行业的工程师进行快速设计决策的能力,并且通过全新的模拟功能对产品保持信心,改善仿真工作流程,减少总体解决方案周期。 STAR-CCM+ v11.04版本仍然关注于提高工程师的效率,并且使他们更快地发现更好的设计。这个版本也扩展了不同行业的应用,包括旋转机械、船舶、石油和天然气、航空航天、车辆和电气领域。 STAR-CCM+ v11.04的模拟工作流,可以提高生产力并有助于设计的研究探索。新版本中的主要新功能包含如下: *扩展了旋转机械行业客户的多相流仿真能力,包括泵和湿气体压缩机。 *通过全新的Wave模型和瞬态计算中的自适应时间步长功能提高了船舶、石油和天然气行业客户的模拟精度,缩短了解决方案周期。 *提高了汽车和电子行业客户在模拟多层结构流/固耦合换热时的易用性能。 *添加了3维有限元电磁模型(3D Finite Element Electromagnetics),...

Pages