Library

2430 match your search

最適化ツールの導入をご検討のお客様を対象に、設計探査作業(最適化、実験計画法、 応答曲面等)の一連の流れを例題を通じてご体験いただくことができます。
STAR-CCM+の導入をご検討のお客様を対象に、モデリングから 計算実行・結果処理までの一連の流れを実際に操作体験頂くことができます。
STAR-CCM+の導入をご検討のお客様を対象に、モデリングから 計算実行・結果処理までの一連の流れを実際に操作体験頂くことができます。
STAR-CCM+の導入をご検討のお客様を対象に、モデリングから 計算実行・結果処理までの一連の流れを実際に操作体験頂くことができます。
Improving Thrust Reverser Performance through Design Exploration
Aerospace companies have traditionally relied on engineering intuition and low fidelity simulation to evaluate potential design candidates early within the product development cycle. The availability of low-cost HPC resources and modern simulation methods are allowing organizations to leverage high-fidelity parametric design studies to help engineers quickly identify promising design candidates in advance of more rigorous analysis. Viewers learn how to evaluate a design space though the use of parametric CFD and design space exploration. The presentation consists of three parts: an overview...
In the upcoming release of STAR-CCM+, v10.04, we have added two new features to significantly increase the flexibility of the CAD-clients as well as add a new dimension to the transfer. CAD-clients now allow import of reference planes and coordinate systems. These entities may be used within STAR-CCM+ for a range of tasks. CAD-clients now enables direct import of CAD files as well, opening the door to insert a bi-directional link into a template or existing sim file without the need to fire up your CAD package.
燃焼と汚染物質予測の多次元の数値予測では、噴霧や燃焼の進行プロセスに対する深い知見が要求されます。特に、高EGR下の成層燃焼やリーンバーン燃焼が挑戦的な課題です。 本報告は2つの目的からなります。まず始めに、幾つかの弱点について指摘し、次にSTAR-CDモデルの現状の予測とそれらを改善するための計測について示します。これらの改良は、2つの極端な計算で示されます。一つは、可変バルブタイミングに実現されるRGB(Residual Burn Gases)違いの部分付加DISIエンジンで、もうひとつは、均質リーン燃焼です。
Join us for a complimentary seminar and hands-on workshop that will address the barriers to implementation of design exploration and optimization. It will also showcase how these techniques can be applied when simulating heat transfer for mechanical and electronic system design. This includes components and assemblies, in-forced convection, conduction and radiation scenarios.
これまで開発されてきた粉末吸入製剤について、理論的に粒子の肺内到達率を予測し、吸入製剤の設計が行われたことがほとんどない。それは、粉末吸入製剤の気道内での通過挙動や肺内到達挙動を予測するのが困難なためである。また、in-vitro実験によるカスケードインパクターにより得られた肺到達率を示す指標値が高くても、粉末吸入剤が肺深部まで到達していない可能性がある。本講演では、粉末吸入剤の肺への到達率を向上させるため、CFD(Computational Fluid Dynamics)を用いた気道内シミュレーション解析を行う。その際、既に実験で得られている喘息治療薬のトラニラスト粉末吸入製剤での肺内到達挙動と比較することで、肺内到達率を向上させる最適粒子について提案する。

Pages