Library

2199 match your search

For predicting indoor thermal environments, Computational Fluid Dynamic (CFD) analysis is a candidate approach. The CFD analysis of steady phenomena is verified to serve as an effective prediction method through comparison analyses between actual measurements and analysis results. Environment prediction in transient phenomena is considered necessary to realize more detailed thermal environment design. Transient CFD analysis requires coupled analysis of wall heat conduction, long-wavelength radiation, and convection, considering wall heat capacity. It is possible even with the present...
This talk will focus on the five steps necessary to drive more product innovation through CAE. These steps include: Parametric creation of CAx models Process automation Implementing scalable computation Driving efficient design exploration Evaluating optimal design sensitivity and robustness These steps will be illustrated through the use of the Optimate and HEEDS product lines.
The most common simulation for electronics products involves predicting the system temperature under the chosen cooling methodology. This presentation will overview the primary best practices for thermal simulation of electronics models. Specific techniques in STAR-CCM+ will be addressed covering the entire CAD-to-results process including geometry preparation, meshing, physics setup, conditions, and solution settings on models with hundreds of components. Both forced and natural cooling simulations involving conduction, convection, and radiation will be examined in the detailed tips and...
“CD-adapco内燃机专题研讨会”是CD-adapco China面向内燃机用户主办的专题研讨会,将于2014年9月18日在上海举行,大会邀请了CD-adapco纽约办公室的内燃机模拟专用工具es-ice产品经理Gerald Schmidt先生与伦敦办公室的内燃机模拟专家Gang Li博士,与国内嘉宾共同探讨内燃机模拟技术的现状与趋势,诚邀您注册参会。
Student Voices - Joel Chen
Listen to Joel Chen, Imperial College London, discuss STAR-CCM+ as an Airfoil Icing Analysis Tool.
VOF法・混相分離型流れウェビナー 【後半】混相分離型流れ セッション
※VOF法・混相分離型流れウェビナーは、前半のVOF法セッションと後半の混相分離型流れセッションで構成されています。 別ページにございます VOF法セッション をご視聴頂いた後、混相分離型流れセッションをご視聴ください。 混相流現象の把握、解明、そしてCFDによる的確なモデリングは、分野を問わず各産業界で重要な課題です。 STAR-CCM+は様々な混相流形態(気体・液体・固体-気体・液体・固体)に対し、オイラー的アプローチで、課題の解決に取り組むことができます。 本ウェビナーでは、オイラー的アプローチ手法の1つである混相分離型流れモデル(Euler-Euler)について、手法の概要、特徴、適用事例及びSTAR-CCM+での操作方法を紹介します。 例題では、気泡流れ現象に対して混相分離型流れモデルを適用します。さらに、同じオイラー的アプローチ手法であるVolume of Fluid(VOF)法も同じ気泡流れ現象に適用し、それらの比較を通じて、混相分離型流れモデルの有効性・適用性について検討します。
VOF法・混相分離型流れウェビナー 【前半】VOF法 セッション
※VOF法・混相分離型流れウェビナーは、前半のVOF法セッションと後半の混相分離型流れセッションで構成されています。 VOF法セッションをご視聴頂いた後、別ページにございます 混相分離型流れセッション をご視聴ください。 【前半】VOF法 セッション 混相流現象の把握、解明、そしてCFDによる的確なモデリングは、分野を問わず各産業界で重要な課題です。STAR-CCM+は様々な混相流形態(気体・液体・固体-気体・液体・固体)に対し、オイラー的アプローチで、課題の解決に取り組むことができます。 本ウェビナーでは、VOF法と混相分離型流れモデルの違いを解説した後に、オイラー的アプローチ手法の1つであるVOF法について、理論や特徴を紹介致します。 VOF法は界面追跡を行うためのモデルであり、自動車、プロセス、建築分野を含めた様々な分野で利用されています。本ウェビナーでは高精度スキームであるHRICについて解説した後に、VOFモデルの設定や、解の初期化の方法を紹介致します。
Three clever engineering students recently came up with a design for a bike that can't be stolen, well... at least can't be resold again as the same said bike. The idea is that the lock doubles as an intergral part of the frame. Any attempts to cut the lock would effectively make the bicycle unrideable. While there are still some issues to hammer out - like what happens if the owner loses the key, who do you keep the wheels from being stolen, and what about how the bike itself rides? Of course if someone wants to steal the bike just for scrap metal - all bets are off. Still a cool idea...
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。
本セミナーは初めてCFDソフトウェアを操作する方、または他のCFDソフトウェアの使用経験は お持ちでもSTAR-CCM+は操作したことがない方を対象としています。 CFDに必要な一連の作業をSTAR-CCM+上で例題を通して体験頂くことが出来ます。 ご参加頂く方のご経験に合わせて、他のCFDソフトウェアとの違いやSTAR-CCM+の 特長に特化した内容としており、弊社製品にご興味のある方から、具体的にご検討や ご利用をお考えの方まで幅広くご参加頂けます。

Pages