Library

2846 match your search

使用済燃料の長期貯蔵管理に関する関心が、世界的に高まっている。コンクリートキャスクにおいては、キャニスタ内のヘリウム圧力が低下すると、キャニスタ 表面温度が変化することが、試験的に確かめられており、当所では、この現象を用いた漏えい検知器を開発している。現在、漏えい検知器の実用化に向けて、 キャニスタ内圧と表面温度変化の関係を試験で明らかとするとともに、CFDを用いた現象解明を行っている。
固体酸化物形燃料電池(Solid Oxide Fule Cell)は最近追加された機能で、電気化学反応をベースに開発されたモデルです。モデルに使用されている式はすべてフィールド関数で記述しモデル化され ています。必要な場合は、自由にカスタマイズすることも可能です。本講演では、SOFC理論と物理モデル、カスタマイズとモデル設定方法、事例等について 紹介します。
Throughout the world, companies in the Energy & Power (E&P) industry are challenged to meet ever-increasing demands for energy efficiency and reliability with the electricity-generating machinery they produce such as gas & steam turbines, wind & hydro turbines, generators, compressors, combustors & burners, nuclear reactors, as well as power plant auxiliary systems such as heat exchangers, pumps, & fans. Moreover, the need to reduce the level of harmful emissions produced during the power-generation process is continually increasing as well.To help find solutions to...
最適化計算の適用が今改めて注目を浴びていますが、「最適化」「最適解」「目的関数」等の言葉が真に意味するところは一体何でしょうか?ツールを操作でき れば最適化計算はうまくできるのでしょうか?数多ある設計探査手法をうまく活用するために真に大切なことを様々な立場の方(研究者、メーカーのエンジニ ア、ソフトウェア会社のエンジニア)をお招きしてディスカッションします。
Model Based Design (MBD)に代表されるように一次元ツールの活用が注目を浴びていますが、一次元ツールを活用したいろいろな設計探査のアプローチをご紹介します。電磁場 解析用ツールJMAGに搭載される一次元モデル、三次元モデルを組み合わせた探査、バッテリー解析ツールBDSを活用したカーブフィッティング問題の事例 をご紹介します。
最適化計算の価値は「シミュレーションツールと連成する」、「良いデザインを見つける」だけではありません。CD-adapcoのエンジニアがセレクトし たユニークな最適化計算の事例をご覧いただき、最適化計算の真の価値を感じてください。まずは理化学研究所の姫野様が実施された頚動脈の進化のメカニズム を解明する事例をご紹介させていただきます。次に、Google MapとHEEDSの連成させて富士山を探した事例を紹介します。
0次元および1次元化学反応解析ソフトウェアDARSには、反応現象の解析や検討を行うための様々なモジュールが準備されています。 このDARSを利用して、数百もの化学種からなる複雑な素反応メカニズムの簡略化や、STAR-CCM+ v10.04で導入されたFGMモデルで使用する反応テーブルを作成することができます。 本講演では、DARSとSTAR-CCM+を連携して、精度良くかつ効率的に反応解析を行う手順を、デモを交えてご紹介します。
Past year has seen more and more examples of shipyards and ship designers moving towards ship scale CFD simulations and process automation when seeking solutions for ship performance improvement. There is increasing recognition within industry that design exploration applied at ship scale can provide better insight into actual vessel performance operating under real conditions. New examples of full scale validation have started appearing confirming the level of accuracy that can be achieved with CFD. At the same time process automation is increasingly being used to reduce scope for human...
STAR-CCM+は昨年リリースのバージョン10.04で有限要素法(FEM)構造ソルバーを搭載し、より強力なマルチフィジックスツールへと進化しま した。その後も、バージョンアップ毎に新機能を搭載し続け、約1年を迎えようとしています。本講演ではSTAR-CCM+(バージョン11.02)の FEM基本機能、及び、この1年間で搭載された新機能について解析事例(流体構造連成解析、単体の構造解析)を交えて紹介致します。 また、今年6月リリース予定のバージョン11.04のFEM新機能も合わせてご紹介いたします。

Pages