Library

2260 match your search

 筒内燃焼シミュレーションによるスパークプラグの着火性予測手法の開発
スパークプラグの仕様による着火性をエンジン条件や失火現象まで考慮して予測する筒内燃焼シミュレーション手法を開発した。本手法は、3Dスキャンによる エンジンモデルの作成、筒内流動モデルとPIVによる検証、火花移動モデル、ガソリン代替の詳細化学反応メカニズムで構成される。電極形状の異なるプラグ の着火性を評価したところ、実機試験と良い相関が得られた。また、筒内流動が着火性に大きく寄与する結果も得られた。
STAR-CCM+ v9.06 新機能紹介ウェビナー
本ウェビナーで は、2014年10月29日に世界同時リリースされたSTAR-CCM+ v9.06 の新機能情報をご紹介いたします。 【内容紹介】 ●解析結果のマッピングスピードとスケーラビリティの向上 複数コア使用時のマッピングプロセスにおいて、スピードとスケーラビリティが改善されました。 一例として、64コア使用時のマッピングにおいて、v9.04の約6倍のスピードアップが確認されました。 ●新機能:MUSCLスキーム 流れのソルバーとしてMUSCLスキーム(3次精度中心差分)が追加されました。 非圧縮性から圧縮性まで、安定した非定常の流れを計算できるロバストなスキームです。 ●その他新機能: PISO解法(標準k-ε、単相にのみ対応)やオーバーセットメッシュの壁面接触の考慮など、 各種新機能情報につきましてもご紹介致します。

Pages