Library

2847 match your search

競技車輌における空力開発
競技車輌においては姿勢変化した際の空力性能が重要となる.そうした中で、アンダーフロアにおける空力開発事例を紹介させて頂きます。
流れの制御によるタイヤ温度低減
走行中のタイヤ温度はタイヤ耐久性能に大きく影響するため、温度低減技術が求められている。それに対し、タイヤ表面付近の流れの制御によって、タイヤの効 率的な冷却が可能であることが知られている。我々はタイヤ問題における熱流体解析法の有効性を示すことを目的とし、CFDによるタイヤ空冷現象の予測技術 を用いて、タイヤ表面形状が冷却効果に及ぼす影響を調査した。また、予測された冷却効果の高い形状について、風洞試験により冷却性能を検証した。
JMAGとSTAR-CCM+の双方向連携による金属誘導加熱解析
誘導加熱式溶解炉では、誘導加熱で金属を加熱し溶融させている。これらを詳細に解析しようとすると、電磁界による発熱と熱流体による放熱を考慮する必要が ある。また、昇温により物性値は刻々と変化して行くため、電磁界と熱流体を双方向で解析する必要がある。そこで、今回、JMAGとSTAR-CCM+を双 方向連携させた解析の実施例を報告する。
混相流モデルを用いた固定床反応器のモデリング
トリクルベッド反応器は触媒を充填した固定床にガスと液を供給して反応を行う石油精製・石油化学プロセスに多く見られる典型的な反応器である。本反応器内 の反応・温度分布を予測するCFDモデル開発に当たりコールドモデルの流動分散、液ホールドアップデータよりCFDモデルの信頼性評価を実施した。モデル 化に関して、いくつかの手法を紹介する。
キャニスタからのヘリウム漏えい検出器の開発
使用済燃料の長期貯蔵管理に関する関心が、世界的に高まっている。コンクリートキャスクにおいては、キャニスタ内のヘリウム圧力が低下すると、キャニスタ 表面温度が変化することが、試験的に確かめられており、当所では、この現象を用いた漏えい検知器を開発している。現在、漏えい検知器の実用化に向けて、 キャニスタ内圧と表面温度変化の関係を試験で明らかとするとともに、CFDを用いた現象解明を行っている。
STAR-CCM+有限要素法ソルバーを用いた解析事例の紹介
STAR-CCM+は昨年リリースのバージョン10.04で有限要素法(FEM)構造ソルバーを搭載し、より強力なマルチフィジックスツールへと進化しま した。その後も、バージョンアップ毎に新機能を搭載し続け、約1年を迎えようとしています。本講演ではSTAR-CCM+(バージョン11.02)の FEM基本機能、及び、この1年間で搭載された新機能について解析事例(流体構造連成解析、単体の構造解析)を交えて紹介致します。 また、今年6月リリース予定のバージョン11.04のFEM新機能も合わせてご紹介いたします。
Formula 1 Fuel Tank sloshing
Formula 1 Fuel Tank sloshing
Formula 1 Fuel Tank Sloshing
Formula 1 fuel tank sloshing
The new automatic time stepping in STAR-CCM+® v11.04 automatically adjusts the timestep size of simulations dynamically. This helps to reduce time to achieve solutions for transient runs by avoiding the use of unduly small timesteps.

Pages